笹川土地改良区 のホームページへようこそ!

【 理事長あいさつ 】



murakami.jpg

笹川土地改良区 理事長 村上 誠

笹川土地改良区は、庄内平野南部に位置し、背に霊峰月山、北に秀麗鳥海山を仰ぎ鶴岡市(旧羽黒町、旧藤島町)に跨る地区面積1,889ha組合員722名の土地改良区であります。

 当地域は、古来より水不足に悩まされた永い歴史の中で農業用水の安定確保が先祖代々に亘る悲願でありました。
 昭和45年県営土地改良長期計画として地区調査が行われ、地域として十分なる流域範囲が狭く、又伏流水を貯える地殻構造になく勾配が急なため一気に水が流下する地区であり調査では不足水量1.1t/secという数値であると報告され、昭和49年第一期、昭和56年第二期県営かんがい排水事業実施を行い、これによって0.3t/secの水の確保がなされ、残り0.8t/secの水量確保は外に水源がない地域であり笹川地区の排水路全て流量調査を行ない、水利用の合理化を図り用水不足解消策として反覆利用の方針を立てたのであります。

 これによって水との闘いは一応終止符が打たれましたが、近年温暖化が進み渇水期の水量がきわめて少なく平成13年度県営かんがい排水事業計画で再度調査した結果、充足率30%という報告であり、現在県の方々から努力していただいてる処であります。

 又、改良区としても溜池新規造成拡張、地下水利用と鋭意努力をしている状況であります。

 今、農業を取り巻く情勢は大変厳しい状況下の中、農業基本法制定と米政策改革大綱が決定され、平成22年度までにあるべき米作りの実現に向けて生産者、地域関係者が創意工夫を発揮し、積極的に取り組みを行なわなければならない時代になって来ており、改良区としても、平成19年度より農地・水・環境保全向上対策では、管内のすべての集落で取り組み、事務委託を請負い指導、助言等積極的に関わり、21世紀創造運動と合わせて取り組みを図り、新しい農業農村の方向が生まれて来る事に努力してまいりますので今後ともご指導ご支援をお願い申し上げあいさつといたします。

このページの先頭へ
このページの先頭へ