第40回山形県土地改良大会が開催されました

第40回山形県土地改良大会が開催されました

 

 

 山形県土地改良大会が10月28日、山形市の山形国際交流プラザにて、万全の感染対策のもとに開催されました。

 当改良区の丸山理事長が代表し、大会宣言を行いました。

 

 

ー大会宣言ー

一、地域農業の持続的な発展、災害に強く、多様な人が住み続けられる農村を実現するため、農業農村整備事業の推進に必要な予算の確保

 

一、担い手への農地集約化やスマート農業の実装化を進め、更なる低コスト化を実現するための水田の大区画化と、収益性の高い園芸作物への転換を図るための水田の汎用化・畑地化の推進

 

一、ため池を含む老朽化した農業水利施設の長寿命化、豪雨・地震対策等を一層強化するため、防災・減災対策の充実による県土強靭化の推進

 

一、農業農村を維持・発展し、美しく伝統ある農村を次世代に継承するため、多面的機能支払交付金制度及び棚田を含む中山間地域対策などの地域政策の充実

 

一、農業者が安心・安全に農業を営むことができるよう、被災した農地や揚水機場など、農業水利施設の早期復旧に向けた支援と、再度災害防止に向けた措置の充実

 

令和3年10月28日

第40回山形県土地改良大会