笹川土地改良区

本地域は鶴岡市の南東部に位置する耕地(田)であって、月山山麓より南北14km、東西6.5km東は京田川、西は因幡堰に囲まれた地域である。

組 織 の 概 要 地 域 の 特 徴
category

カテゴリー

Creative movement

21世紀創造運動の取り組み

この運動は、土地改良区が果たしてきた役割、機能を改めて見直すとともに多面的な機能の確保など
国民が期待する新たな役割に対し、どのように土地改良区が取り組んで行くか、
地域の人たちとみんなで考えることを提案する運動です。

Greeting from the President

理事長あいさつ

令和4年1月1日 新年のご挨拶


明けましておめでとうございます。組合員の皆様、関係者各位におかれましては、健やかに新年をお迎えした事とお慶び申し上げます。

令和3年も、昨年同様新型コロナウイルス感染拡大防止のため、不要不急の外出などを制限され、大変な一年となりました。昨年の10月以降、 減少傾向となり山形県の警戒レベルも徐々に引き下げられ、10月末日には、レベル2(注意)となり、11月には会食における人数、時間の自粛要請も終了し、 一安心したところであります。新型コロナウイルスとはここしばらく上手に付き合いながら、昨年度まで行えなかった当改良区内の総代研修や、各委員会などの諸会議、 研修会等を開催しながら、組合員の声を幅広く求めていきたいと考えております。

近年は、地球温暖化により小雪で雪解けも早まっております。昨年の春は木々の芽吹きが早まり、霜による果樹の被害が多く見られました。 稲作においては春先より天候に恵まれ大雨等の被害もなく、梅雨明けも平年より10日ほど早く、庄内の作況指数で105のやや良となりました。 ただ新型コロナウイルス等の影響により、消費量が伸び悩み米の在庫量が増えたことにより価格が大幅に下がる状況となっております。 令和4年度も前年同様さらなる主食用米以外への転換が図られます。水田を有効に活用しながら、農業関係団体と共に協力し地域農業の発展に努めて参りたいと思います。

令和4年度の事業につきましては、農地整備事業の金森目2期地区は面工事4年目となり、今年度で面工事が終了となる予定です。一本松地区においては実施設計を予定しております。 笹川左岸上流地区農地整備事業におきましては令和4年度に事業採択予定であり、上野新田、中川代地区も事業採択に向けて調査を進めていくところです。農村地域防災減災事業の黒岩堰地区は、 来年度の完成に向け上流部の用地買収と水路工事を行う予定です。また、同事業の大沢地区では、ため池の改修が行われており、来年度から2ケ年ため池が使用できない状態となりますので、 水の調整等皆様のご協力をお願いいたします。

地域用水環境整備事業(小水力再生可能エネルギー)につきましては、現在送水管工事が行われており、発電機についても発注済みとなっております。また、農地耕作条件改善事業を活用 して、鴻ノ巣地区に地下水ポンプを設置しております。今春より稼働となりますので有効に活用して頂きたいと思います。多面的機能支払交付金においては、今後も各総代を中心に集落と協力しながら、 継続して農地と地域の維持に活用して頂きたいと思います。

最後に、昨年春には融雪による用水路の破損が見られました。幸いにも発見が早かったため、春作業には影響を及ぼすまでにはいきませんでしたが被害等がありましたら、早急に改良区に連絡して 頂ければと思います。本年も農業情勢は厳しい状況ではありますが、事業運営に支障が出ないよう、新型コロナウイルス感染防止に努めながら、用水の安定供給と組合員の負担軽減に役職員一丸と なって努力して参りますので、ご協力賜りますようお願い申し上げ、新年のご挨拶とさせていただきます。

access

アクセス

住所 :山形県鶴岡市藤浪二丁目27番地
TEL :0235-64-2087
FAX :0235-64-2088
E-mail : sasagawa@lapis.plala.or.jp
営業時間 :8:30~17:00